ジーンズの裾上げのコツ

ジーンズの裾上げのコツ

ジーンズの裾上げのコツ バイクに乗る時には専用のジーンズを準備する人が多いですが、その際に気になるのは裾上げはどの程度行うと良いのかという点です。気を付けなくてはならないのが、普段着用するものと同じにしてはならないという点ではないでしょうか。
バイクは跨って乗るものであり、股の位置が詰まってしまうので普段丁度良いと感じている長さまで裾を上げると足首が出てしまいます。そうすると裾から風や熱気が入ってきてしまい、快適なツーリングができなくなってしまうので気をつけましょう。どのくらい長さを余分に取っておくのかは人により様々ですが、余分なところはブーツの足首部分にかぶせて仕舞えば良いので少し長いと感じるくらいにしておくべきです。
裾は上げすぎてしまうと元に戻すことが出来ないのでまずは長めにしておき、どうしても長い時にはもう一度裾を上げるのがコツと言えます。お店に依頼するとなれば二回依頼するのはもったいないと考えがちですが、ジーンズの方が高いので無駄にしないようにまずは長めにしておくべきです。

バイク乗りがやるジーンズのロールアップとは?

バイク乗りがやるジーンズのロールアップとは? バイク乗りの隠れたおしゃれテクニックとして代表的な物といえば、最初に出て来るのがジーンズのロールアップです。
ロールアップとは、簡単に言えばジーンズの裾を折る事であり、例えばバイクの中でもハーレーダビットソン系を愛好する人は良く使ったりします。(バイクに乗らない人でも、少し腰が緩めの履物等を履いている時に裾を踏まない様に折る事があると思いますが、その事です。)
ちなみに、これには型も幾つか設定されており、おしゃれ重視であるならば基本型は「3cm1ロール」です。ブーツのアッパーに触れるか触れないか程度の所で一折する方法で、この方法を基本軸にしている人は少なくありません。これがロガーだったり、ハンティング等のハイトの高いブーツを愛用しているのであれば、1ロール部分が2ロールになります。クラシカルなワークスタイルとバッチリ合うのがポイントで、足元に大きく印象を持ってきたいのであれば「10cm1ロール」、無造作感を出したい時には、cmにこだわらず無造作に丸めるという「無造作ロール」を駆使するという選択肢も出て来ます。

新着情報

◎2023/2/3

情報を追加しました。


>バイク用ジーンズは販売店やレプリカブランド店で購入
>バイクツーリングにジーンズは有りか無しか
>バイクジーンズの値段のパターンについて考察
>男女兼用のジーンズをバイクで着用するケース
>バイクで着用するジーンズの種類とスペック

◎2021/8/31

ジーンズの裾上げのコツ
の情報を更新しました。

◎2021/5/30

サイト公開しました